文化遺産オンライン

能面 神体

のうめん しんたい

作品概要

能面 神体

のうめん しんたい

彫刻 / 江戸

「一トウ」陰刻

江戸時代・18世紀

木造、彩色

20.6×14.5

1面

若い男神の役に用いる。顔は楕円形で、骨格や肉付きに抑揚のないつるっとした形が珍しい。面裏はノミ跡の全くない平滑な仕上げで、額部分に「一トウ」と陰刻する。一トウは伝説的な面打赤鶴の別名という。同じ刻銘の古面の裏を写したものであろう。

能面 神体をもっと見る

「一トウ」陰刻をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

能面 / Mask / のうめん /

関連作品

チェックした関連作品の検索