文化遺産オンライン

能面 筋怪士

のうめん すじあやかし

作品概要

能面 筋怪士

のうめん すじあやかし

彫刻 / 室町 / 安土・桃山

「宝来作/満昆(花押)/庸久(花押)」金字銘

室町~安土桃山時代・16世紀

木造、彩色

20.3×14.8

1面

鉢の張った頭、浮き出る血管、大きな目が目立ち、目の下がたるみ、目の窪みが側面まで回り込む点など、岐阜県関市の春日神社によく似た面があります。全体に肉が薄く、面裏は全面に麻布を貼り、黒漆塗りをして、宝来作の鑑定銘を記しています。

能面 筋怪士をもっと見る

「宝来作/満昆(花押)/庸久(花押)」金字銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

mask / 花押 / / Mitsunori

関連作品

チェックした関連作品の検索