文化遺産オンライン

能面 泥眼

のうめん でいがん

作品概要

能面 泥眼

のうめん でいがん

彫刻 / 室町 / 安土・桃山

「越智作/満昆(花押)」金字銘

室町~安土桃山時代・16世紀

木造、彩色

20.6×13.9

1面

髪筋が乱れ、白目と歯が金色になっています。感情が高ぶり始め、超越した力や怨霊(時として生霊)が支配しつつあることを示します。口角をあげず愛らしさを失っている点に、鬼(般若(はんにゃ)、蛇(じゃ))に変わる予兆を感じさせます。広葉樹製のようですが軽いのが特徴です。

能面 泥眼をもっと見る

「越智作/満昆(花押)」金字銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

mask / Azuchi / Momoyama / 能面

関連作品

チェックした関連作品の検索