能面 中喝食 のうめん ちゅうかっしき

彫刻 / 室町 

「千種作/満昆(花押)」金字銘
室町時代・15~16世紀
木造、彩色
20.6×13.3
1面

喝食(かっしき)は禅寺で住職などの傍にいて世話をする係の子供です。小僧ではないので髪があります。おかっぱは大喝食、イチョウ型に前に垂らす髪束の大きさで中喝食、小喝食と呼びます。この面の表情に幼さはなく、少年期を過ぎる年齢でしょう。広葉樹を材とし、重みがあります。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 中喝食チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 増女
能面 増女

「増阿弥作/満昆(花押)/満猶(花押)」金字銘

能面 邯鄲男
能面 邯鄲男

「春若作/家重(花押)/春若作/満昆(花押)」金字銘

能面 鼻瘤悪尉
能面 鼻瘤悪尉

「文蔵作/満昆(花押)」金字銘

能面喝食(伝龍右衛門作)
能面 阿古父尉
能面 阿古父尉

「福来作/満昆(花押)/庸久(花押)/満昌(花押)」金字銘

ページトップへ