文化遺産オンライン

能面 般若

のうめん はんにゃ

作品概要

能面 般若

のうめん はんにゃ

彫刻 / 江戸

江戸時代・17~18世紀

木造、彩色

21.2×13.9

1面

重要文化財

般若は、『葵上(あおいのうえ)』『道成寺(どうじょうじ)』などに用いられる鬼女の面。2本の角、金属で覆(おお)い金色に表した眼が光り、髪が乱れ、口角が大きく裂ける。八の字の眉は激しい恨みの奥に秘めた、高貴な美しい女性の深い孤独と悲しみ、苦しみを感じさせる。(150707_h14)

能面 般若をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

能面 / Mask / polychromy / のうめん

関連作品

チェックした関連作品の検索