文化遺産オンライン

能面 山姥

のうめん やまんば

作品概要

能面 山姥

のうめん やまんば

彫刻 / 江戸

江戸時代・17世紀

木造、彩色

21.5×14.2

1面

山姥は一人山奥に棲み、居を定めずに山岳や谷を歩きまわる鬼女。害をなす鬼ではなく、大自然を包含する人間を超えた存在である。日に焼けた赤い肌、金色に光る瞳と充血した白目、逆立つ眉など霊気を感じさせる。銘はないが、「宝来作」と刺繍する面袋が付属する。

能面 山姥をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

能面 / 山姥 / のうめん / polychromy

関連作品

チェックした関連作品の検索