能面 伝山姥 のうめん でんやまんば

その他の画像全6枚中6枚表示

彫刻 / 南北朝 

伝赤鶴作
南北朝時代・14世紀
木造、彩色
縦22.3
1面
重要文化財

通常の山姥の面と異なり、この面は耳があり、大きく開けた口に歯茎を表わす特異な表情をしていますす。迫力ある優れた造形で、数ある能面の中でも屈指の名品です。面当(めんあて)の墨書「赤鶴(しゃくづる)作」はこの面が「鬼の面の上手」という赤鶴の作と考えられたことを示します。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 伝山姥チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 山姥
能面 山姥

伝角坊作

能面獅子口(伝赤鶴作)
能面 山姥
能面 小癋見
能面 小癋見

「福来作」銘

能面般若(平型)(伝赤鶴作)
ページトップへ