能面 山姥 のうめん やまんば

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 安土・桃山 

伝角坊作
安土桃山時代・16世紀
木造、彩色
21.2×13.9
1面

自然の大きさと四季の移り変わりを表現した能『山姥』の専用面。謡曲(ようきょく)の中では山姥の形相を「眼の光は星の如く、面の色は、さ丹塗の、軒の瓦の鬼の形」と表わす。その表現の通り、瞳には金色の金属がはめ込まれ、顔は赤く染まり、鬼のように口を開く。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 山姥チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 山姥
能面 伝山姥
能面 伝山姥

伝赤鶴作

能面 泥眼
能面 泥眼

「天下一是閑」焼印

狂言面 武悪
狂言面 武悪

「天下一角坊」刻銘

能面 万媚
ページトップへ