文化遺産オンライン

能面 顰

のう めんしかみ

作品概要

能面 顰

のう めんしかみ

彫刻 / 室町

室町時代・15~16世紀

木造、彩色

20.3×15.8

1面

重要文化財

激しく吊り上る眉と深い眉間の皺、4本の牙が凶暴な性格を示す。「大江山」では源頼光に退治される酒(しゅ)呑(てん)童(どう)子(じ)の後シテ、「土(つち)蜘(ぐ)蛛(も)」では源頼光を苦しめる土蜘蛛の精魂がこの面を着ける。X線CT調査により、ひげを植毛していたとみられる孔があることがわかった。

能面 顰をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

土蜘蛛 / Mask / 能面 / Noh

関連作品

チェックした関連作品の検索