文化遺産オンライン

紙本著色土蜘蛛草紙

作品概要

紙本著色土蜘蛛草紙

絵画 / 室町 / 関東

東京都

室町

1巻

東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:19680425
国宝指定年月日:
登録年月日:

独立行政法人国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

土蜘蛛草紙は、源頼光が渡辺綱を従えて或る日虚空を飛ぶ髑髏【どくろ】を追って古家に至り、次々とあらわれる妖怪に驚かされるが、やがてこれを斬殺しその正体が土蜘蛛であることを知るという「頼光土蜘蛛退治」の説話を描いた絵巻である。絵は、伝統的大和絵の画法によって謹直に描かれ、殊に画面に出現する異形の化物の中には、日常の什器などもあらわれて、当時の人々の妖怪に対する考え方がうかがわれて興味深い。画風からみて制作時代は南北時代と考えられ、福富草紙、大江山絵巻、十二類絵巻に先行するお伽草子類絵巻の早期の遺例として貴重である。

関連作品

チェックした関連作品の検索