綾本著色聖徳太子絵伝(絵殿旧障子絵)〈秦致真筆/(法隆寺献納)〉 りょうほんちゃくしょくしょうとくたいしえでん

その他の画像全5枚中5枚表示

絵画 / 平安 / 関東 

秦致真
東京都
平安/1069
10面
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:
国宝指定年月日:19650529
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

法隆寺東院絵殿【えどの】の障子絵として秦致真【はたちしん】によって平安時代の延久元年(一〇六九)に描かれたもの。江戸時代に屏風に改装され、明治年間皇室に献納されたいわゆる法降寺献納旧御物の一つである。各隻とも、ほとんど画面一ばいに山水、樹木、宮殿、寺社等を配し、その間に聖徳太子の諸事跡を描く。太子絵伝では現存中最も古く、また遺作の少ない平安時代大和絵の貴重な作品でもある。

作品所在地の地図

関連リンク

綾本著色聖徳太子絵伝(絵殿旧障子絵)〈秦致真筆/(法隆寺献納)〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

絹本著色聖徳太子絵伝(法隆寺献納)
金銅匙〈/(法隆寺献納)〉
金銅水注/(法隆寺献納)〉
金銅墨床/(法隆寺献納)〉
聖徳太子絵伝
聖徳太子絵伝

秦致貞筆

ページトップへ