紙本金地著色関屋図〈伝俵屋宗達筆/六曲屏風〉

絵画 / 安土・桃山 / 関東 

俵屋宗達
東京都
桃山
一隻
東京国立博物館 東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:19790606
国宝指定年月日:
登録年月日:
独立行政法人国立文化財機構
国宝・重要文化財(美術品)

 俵屋宗達は、古典物語に取材した作品を好んで描いているが、本図の画題も源氏物語の関屋に拠ったもので、関の手前に車を止めて遙かに源氏一行を偲ぶ空蝉【うつせみ】の側を描き、単純化された構図の中に古典の情感溢れる名場面を再現している。
 制作年代については、烏丸光広【からすまみつひろ】の書体やその花押からみて、およそ寛永十年(一六三三)以降より、その歿年である寛永十五年(一六三八)七月までの間と推定される。

作品所在地の地図

関連リンク

紙本金地著色関屋図〈伝俵屋宗達筆/六曲屏風〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本金地著色秋草図〈俵屋宗達筆/六曲屏風〉
関屋図屏風
関屋図屏風

俵屋宗達筆、烏丸光広賛

紙本金地著色槇楓図〈尾形光琳筆/六曲屏風〉
紙本墨画蓮池水禽図〈俵屋宗達筆/〉
紙本金地著色風神雷神図〈尾形光琳筆/二曲屏風〉
ページトップへ