文化遺産オンライン

絹本著色聖徳太子絵伝(法隆寺献納)

けんぽんちゃくしょくしょうとくたいしえでん(ほうりゅうじけんのう)

作品概要

絹本著色聖徳太子絵伝(法隆寺献納)

けんぽんちゃくしょくしょうとくたいしえでん(ほうりゅうじけんのう)

日本画 / 鎌倉 / 関東

東京都

鎌倉/1305

4面

東京都台東区上野公園13-9

重文指定年月日:20100629
国宝指定年月日:
登録年月日:

国立文化財機構

国宝・重要文化財(美術品)

本図は、聖徳太子の生涯を四面にわたって描く作品で、法隆寺に伝来し、明治11年(1878)に皇室へ献納され、戦後に東京国立博物館の所有となったものの一つである。太子一生の事績を年次を追って記述する『聖徳太子伝暦』から約70場面を選んで描くが、本図の特徴は太子の事績を四季によって分別し、春夏秋冬を四面に描き分けている点にある。鎌倉時代以降に数多く描かれる太子絵伝のうち、製作時期の判明するものとしてはもっとも古い作例であり、同時期のやまと絵の基準作として貴重である。

関連作品

チェックした関連作品の検索