能面 翁 のうめん おきな

その他の画像全6枚中6枚表示

彫刻 / 室町 

室町時代・15世紀
木造、彩色
20×16.4(諦楽舎旧蔵)
1面
重要文化財

笑みを浮かべる老人の面。五穀(ごこく)豊穣(ほうじょう)、所(しょ)願(がん)成(じょう)就(じゅ)など幸いを寿(ことほ)ぐ翁舞に用いる。翁舞の起源は古く平安時代末頃に遡り、能が発展する源流と位置づけられる。口の半ばで上下を切り離して紐でつなぐ手法は舞楽面の影響による。ウサギの毛皮を貼り付けていた眉は剥がれ落ち、表面の色は塗りなおされている。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 翁チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 延命冠者
能面 三番叟(黒色尉)
能面 三番叟(黒色尉)

「日光作/能静(花押)」金字銘

能面 父尉
狂言面/黒色
能面 姥
ページトップへ