文化遺産オンライン

能面 三番叟(黒色尉)

のうめん さんばそう(こくしきじょう)

作品概要

能面 三番叟(黒色尉)

のうめん さんばそう(こくしきじょう)

彫刻 / 南北朝

「日光作/能静(花押)」金字銘

南北朝時代・14世紀

木造、彩色

縦16.5

1面

銘文:日光作/能静(花押)

重要文化財

「翁舞(おきなまい)」の最後、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を祝い舞う、老いた姿の神の面。滑稽な表情の三番叟が多いなか、この面は歯が抜けているものの品があり、古作と見られます。面裏に、江戸時代後期の能役者・喜多能静(きたのうせい)が、翁面を得意とした面打である日光(にっこう)の作だと鑑定した銘が残っています。

能面 三番叟(黒色尉)をもっと見る

「日光作/能静(花押)」金字銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / / 三番叟

関連作品

チェックした関連作品の検索