文化遺産オンライン

能面 猩々

のうめん しょうじょう

作品概要

能面 猩々

のうめん しょうじょう

彫刻 / 室町

室町時代・15~16世紀

木造、彩色

30.3×13.6

1面

重要文化財

「猩々」専用の面。猩々は海に住む酒好きの妖精。顔が赤いのは酒のため、髪が濡れたように描かれるのは海から上がってきたことを示します。眼球のふくらみが強く、生気のある顔立ちで、眉、目、口ともに癖がなく可愛らしい童子の顔をしています。

能面 猩々をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

能面 / 猩々 / Muromachi / Important

関連作品

チェックした関連作品の検索