能面 童子 のうめん どうじ

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 江戸 

江戸時代・17~18世紀
木造、彩色
20.0×13.9
1面
重要文化財

 「菊慈童」では永遠の命を得た童子、「石橋(しゃっきょう)」では文殊菩薩に関わりのある童子など神性を帯びた小童の役に用いる。観世(かんぜ)流では慈童というややくせのある顔の面があり、金剛家伝来の童子面はあどけない顔である。この面はその中間的な表情である。  

作品所在地の地図

関連リンク

能面 童子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 姥
能面 獅子口
能面 俊寛
能面 俊寛

「春若作」銘

能面 長霊癋見
能面 怪士
ページトップへ