能面 猩々 しょうじょう

木像 / 江戸 / 日本 

出目元休満永
でめげんきゅうみつなが
江戸時代前期(17世紀)
木造彩色
静岡県三島市
財団法人佐野美術館

 酒をたしなむ妖精の面。孝行者の酒売りのために汲めども尽きない酒壺を与える『猩々』の専用面。めでたさを満面にたたえている。裏面には江戸前期に活躍した名工、出目元休満永の朱書がある。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 猩々チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 猩々
能面 顰
能面 顰

「元休打」朱書

能面
能面

出目満永

能面 中将
能面 小面
能面 小面

河内大掾家重

ページトップへ