文化遺産オンライン

能面 行者(鷲鼻悪尉)

のうめん ぎょうじゃ わしばなあくじょう

作品概要

能面 行者(鷲鼻悪尉)

のうめん ぎょうじゃ わしばなあくじょう

彫刻 / 室町

室町時代・15~16世紀

木造、彩色

21.2×15.5

1面

重要文化財

「行者」という名称で伝わるが、鷲鼻悪尉であろう。肉付きのやわらかで写実的な彫りにより表情に生気が溢れている。目に貼る鍍金した銅板(後補)の瞳の孔が小さく、迫力が減退しているのが惜しい。面裏の彫りが深く豪快である。(20170131)

能面 行者(鷲鼻悪尉)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 能面 / Mask / 鷲鼻

関連作品

チェックした関連作品の検索