文化遺産オンライン

能面 大天神

のうめん おおてんじん

作品概要

能面 大天神

のうめん おおてんじん

彫刻 / 室町

室町時代・15世紀

木造、彩色

20.6×15.8

1面

重要文化財

眉間の皺、頬の肉付きなど柔軟な彫りで写実的な表情を造る名品である。鼻の下は削りすぎて穴があいている。Ⅹ線CT調査により、木心をこめた材から造り、額の中央左寄りに節があること、冠形部分に水平に走る線は横木の別材を矧いでいることがわかった。

能面 大天神をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

能面 / のうめん / / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索