文化遺産オンライン

能面 小面

のうめん こおもて

作品概要

能面 小面

のうめん こおもて

彫刻 / 江戸

江戸時代・18~19世紀

木造、彩色

21.2×13.9

1面

重要文化財

頭がすぼまり、頬から顎にかけては肉付きが良く、下瞼が湾曲する独特の表情の小面である。肌が黄味を帯び、上瞼に墨線がないため清楚、可憐という印象から遠く、「連」用として造られたものと考えられる。

能面 小面をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

小面 / こおもて / 能面 / のうめん

関連作品

チェックした関連作品の検索