文化遺産オンライン

能面 痩男

のうめん やせおとこ

作品概要

能面 痩男

のうめん やせおとこ

彫刻 / 江戸

江戸時代・18世紀

木造、彩色

19.9×14.8

1面

殺生の罪で地獄に堕ちた漁師・猟師の幽霊、小野小町のもとに百夜通って命を落とした深草少将の亡霊の役に用いる。凄惨さはなく、髪も乱れないので少将役にふさわしいだろう。亡霊の面は日氷作と伝える面が多いが、この面は千種作とする面袋を伴っている。

能面 痩男をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

能面 / Noh / mask / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索