文化遺産オンライン

能面 痩男

作品概要

能面 痩男

彫刻 / 江戸

江戸時代・18世紀

木造、彩色

19.7×15.5

1面

重要文化財

生前の妄執に捕らわれ地獄をさまよう男の霊を演じる際に用いられる。「阿漕(あこぎ)」の漁師や「善知鳥(うとう)」の猟師のように殺生を生業としていたために成仏できない霊、「通小町(かよいこまち)」の九十九夜小野小町の元に通ったが病に倒れ百夜通いを果たせなかった四位少将など。

能面 痩男をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 能面 / Mask / Edo

関連作品

チェックした関連作品の検索