文化遺産オンライン

能面 小飛出

のうめん ことびで

作品概要

能面 小飛出

のうめん ことびで

彫刻 / 江戸

「福来作/満昆(花押)」金字銘

江戸時代・17世紀

木造、彩色

19.9×14.8

1面

大飛出(おおとびで)に比較して、小ぶりで、耳を作らず、眼も小さくなり、肌の色も赤みを帯びた肉色とします。能『小鍛冶(こかじ)』の稲荷明神の使いである霊狐、『殺生石(せっしょうせき)』の狐のような姿をした中国の獣・野干(やかん)など、動物の精霊を演じる際に用いられます。後補の彩色が表情を損ねています。

能面 小飛出をもっと見る

「福来作/満昆(花押)」金字銘をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

飛出る / 能面 / Mask / Noh

関連作品

チェックした関連作品の検索