能面 猿飛出 のうめん さるとびで

その他の画像全6枚中6枚表示

彫刻 / 室町  安土・桃山 

室町~安土桃山時代・16世紀
木造、彩色
20.6×14.8
1面
重要文化財

猿飛出は、阿(あ)形(ぎょう)の鬼面である飛(とび)出(で)類の一種で、造作は小飛出に似ている。『平家物語』に取材した夢幻能「鵺(ぬえ)」の後シテにもっぱら使用される面で、その首が猿、尾は蛇、手足は虎のようであるという異形の怪物をあらわす。猿飛出には牙がないので、牙飛出とすべきかもしれない。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 猿飛出チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 泥小飛出
能面 大飛出
能面猿飛出
能面 大飛出
狂言面 猿
ページトップへ