能面 増女 のうめん ぞうおんな

その他の画像全2枚中2枚表示

彫刻 / 江戸 

江戸時代・18世紀
木造、彩色
21.2×13.6
1面

増女は気高い品のある表情なので天女や女神などの役に用いられる。若い女面の瞳は四角い孔を開けるのが普通だが、この面では四角い孔の縁に墨を塗って丸い目に見せている。分け目から3本の毛筋が2段に描かれるのも通例と異なるので彩色は後補だろう。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 増女チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 増女
能面 増女

「天下一近江」焼印

能面 近江女
能面 近江女

「増阿弥作/満昆(花押)/庸久(花押)」金字銘

能面 増女
能面 増女

「増阿弥作/満昆(花押)/満猶(花押)」金字銘

能面 増女
能面 増女

「天下一是閑」焼印

能面 神体
能面 神体

「春若作」銘

ページトップへ