文化遺産オンライン

能面 増女

のうめん ぞうおんな

作品概要

能面 増女

のうめん ぞうおんな

彫刻 / 江戸

江戸時代・18世紀

木造、彩色

21.2×13.6

1面

増女は気高い品のある表情なので天女や女神などの役に用いられる。若い女面の瞳は四角い孔を開けるのが普通だが、この面では四角い孔の縁に墨を塗って丸い目に見せている。分け目から3本の毛筋が2段に描かれるのも通例と異なるので彩色は後補だろう。

能面 増女をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ / 能面 / のうめん

関連作品

チェックした関連作品の検索