文化遺産オンライン

狂言面 うそぶき

きょうげんめん 

作品概要

狂言面 うそぶき

きょうげんめん 

彫刻 / 江戸

江戸時代・18世紀

木造、彩色

19.7×14.2

1面

空吹(嘯)は、「大黒風流(だいこくふうりゅう)」の鼠(ねずみ)、「蛸(たこ)」の蛸など動物の精霊にもちいられる。口を吹く形は祝詞(のりと)を発すべく口を吹くとも、火を吹く口の形を写すともいわれるが、この形は、仮面の古い伝統をひくものと思われ、伎楽面や舞楽面にも類似の形をみることができる。(20111206_h14)

狂言面 うそぶきをもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

狂言 / きょうげん / Kyogen /

関連作品

チェックした関連作品の検索