文化遺産オンライン

鯉口貴徳面

作品概要

鯉口貴徳面

彫刻 / 江戸

俊寿作

江戸時代・19世紀

木造

22.1×15.1

1面

 貴徳鯉口は、口先を鯉の口のようにまるめた形の面。貴徳は1人で舞うが、鯉口の時は、2人から6人の従者を伴う。この面は、面裏に墨書銘があり、天保年中(1830~44)に京都御所内の文庫所蔵面を写したものと知られる。貴徳鯉口面の遺品はきわめて少ない。  

鯉口貴徳面をもっと見る

俊寿作をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

貴徳 / / Kitoku / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索