舞楽装束 貴徳(裲襠・袍・袴) ぶがくしょうぞく きとく(りょうとう・ほう・はかま)

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1領

「貴徳」は、高麗楽(こまがく)に属する雅楽(ががく)の一つで「帰徳侯」ともいう、右方(うほう)の一人舞である。貴徳面を付け、裲襠(りょうとう)装束をまとい、鉾(ほこ)を持ち、武将が勇壮に戦う様子を舞う。漢の宣帝に匈奴(きょうど)の日逐王(にったくおう)が帰服したので、見返りに帰徳侯に封じたという故事に基づく。

作品所在地の地図

関連リンク

舞楽装束 貴徳(裲襠・袍・袴)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

舞楽装束 陪臚(裲襠・袍・袴)
舞楽装束 還城楽(裲襠・袍・袴)
陪臚袍
納曾利裲襠 萌葱地桐唐草に鳳凰丸模様
舞楽面 貴徳
ページトップへ