文化遺産オンライン

舞楽装束 還城楽(裲襠・袍・袴)

ぶがくしょうぞく げんじょうらく (りょうとう・ほう・はかま)

作品概要

舞楽装束 還城楽(裲襠・袍・袴)

ぶがくしょうぞく げんじょうらく (りょうとう・ほう・はかま)

染織 / 江戸

江戸時代・19世紀

1具

 唐楽の一人舞で、吊顎(つりあご)で赤く顔面を塗った仮面をつけ、赤い筒袖の袍(ほう)(上衣)に裲襠と呼ばれる走舞独特の貫頭衣をかぶり、唐織製の華やかな袴を着用する。ヴェーダ神話の抜頭(Pedu)王が、退治した悪蛇を見て歓喜する様子を表現した舞楽と言われる。

舞楽装束 還城楽(裲襠・袍・袴)をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

有識 / / 装束 / 鳥兜

関連作品

チェックした関連作品の検索