陵王裲襠 雲に龍丸模様 りょうおうのりょうとう くもにりゅうのまるもよう

染織 / 江戸 

江戸時代・19世紀
1領

中国の古代王朝の1つ北斉の羅陵王長恭が、その美貌を獰猛な仮面で隠して戦ったとする故事に基づく。中国から伝わった唐楽で舞楽では「左方」と区分される。「左方」では赤色系統の装束を基調とする。赤色の面をつけ、赤い袍の上に毛縁の付いた裲襠を着用。

作品所在地の地図

関連リンク

陵王裲襠 雲に龍丸模様チェックした作品をもとに関連する作品を探す

納曾利裲襠 萌葱地桐唐草に鳳凰丸模様
舞楽装束 還城楽(裲襠・袍・袴)
舞楽面 陵王
舞楽装束 貴徳(裲襠・袍・袴)
陸王袍
ページトップへ