文化遺産オンライン

舞楽面 陵王

ぶがくめん りょうおう

作品概要

舞楽面 陵王

ぶがくめん りょうおう

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・13~14世紀

木造、彩色

33×22.4

1面

重要文化財

陵王は、羅陵王(らりょうおう)または蘭陵王(らんりょうおう)ともいう。舞楽の中でも最も多く上演されていたため、面の遺品も全国に広く分布する。曲は一説に、中国・北斉の武勇の王、蘭陵王長恭が、余りの美男子であったために、怪異な面をつけて戦いに出陣したことに由来するという。(20140325_h14)

舞楽面 陵王をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

舞楽 / / / Bugaku

関連作品

チェックした関連作品の検索