文化遺産オンライン

舞楽図屏風

ぶがくずびょうぶ

概要

舞楽図屏風

ぶがくずびょうぶ

絵画 / 江戸

狩野永岳筆

江戸時代・19世紀

紙本着色

各158.1×366.0

6曲1双

右隻の春景、左隻の秋景を背景にして、京都御所の障壁画制作も行なった狩野永岳が舞楽を描いた屏風。右隻には、大太鼓(だだいこ)の左に散手(さんじゅ)、貴徳(きとく)、迦陵頻(かりょうびん)、胡蝶(こちょう)が、左隻には、右から採桑老(さいそうろう)、胡飲酒(こんじゅ)、林歌(りんが)、蘭陵王(らんりょうおう)、納曾利(なそり)の、華やかな舞が描き出されています。

舞楽図屏風をもっと見る

狩野永岳筆をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

/ 屏風 / / 狩野

関連作品

チェックした関連作品の検索