文化遺産オンライン

唐船・南蛮船図屏風

とうせん・なんばんせんずびょうぶ

作品概要

唐船・南蛮船図屏風

とうせん・なんばんせんずびょうぶ

絵画

狩野孝信筆

江戸時代 17世紀

紙本金地著色

各 縦155.6 横361.0

6曲1双

新発見の南蛮屏風の優品。日本に到着した黒い南蛮船と、南蛮寺に向かうカピタン・モールの一行を描く右隻は、いわゆる南蛮屏風の定型的な表現をとっているが、左隻に白い唐船が入港する中国の港町を描くことはとても珍しく、本図の特徴の一つとなる。
その画面は、モチーフを細部まで丁寧に描き込みながら、かつ全体を調和させる描写力が見所。描いたのは狩野派正系の画家、おそらくは狩野孝信(1571〜1618)の手により慶長年間(1596〜1614)に制作されたと考えられる。

唐船・南蛮船図屏風をもっと見る

狩野孝信筆をもっと見る

九州国立博物館をもっと見る

キーワード

南蛮 / / 屏風 / 金地

関連作品

チェックした関連作品の検索