花下群舞図 かかぐんぶず

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 / 安土・桃山 / 日本 

狩野派
かのうは
桃山時代、17世紀初期
紙本著色
(各)149.3x352.7cm
6曲1双
落款・印章:なし 伝歴:中村好古堂、東京松田福一郎氏→池長孟

京都での花見のにぎわいを描いた名所遊楽図。右隻は祇園社、左隻は上賀茂社での花見に興じ、舞い踊る人々が賑やかに描かれています。右隻には大黒天と恵比須といった福神、左隻には南蛮人に扮装した人々を中心に風流踊が行われており、南蛮人に財福神としてのイメージが重ねられていたことを推測させます。周囲には酒宴をはじめ、喫煙、双六、けんか、一服一銭、犬にほえられる猿曳、物乞い、高野聖、恋文を手渡すところ、蜂に襲われる琵琶法師、腕相撲、宴会のための料理作りなど、さまざまな風俗が散りばめられています。金雲の構成や松樹の形態などから、慶長期(1596-1615)後半の狩野光信系の画家による作品と考えられます。近世初期風俗画の優品です。

【名品2019】【南蛮美術】

作品所在地の地図

関連リンク

花下群舞図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南蛮屏風
紙本金地著色南蛮人渡来図〈狩野内膳筆/六曲屏風〉
南蛮屏風
南蛮屏風

狩野内膳

南蛮屏風
唐船・南蛮船図屏風
ページトップへ