師父二童子図・西洋二武人図 しふにどうじず せいようにぶじんず

その他の画像全2枚中2枚表示

その他 / 江戸 

信方?款
のぶかた
江戸時代、17世紀前期
紙本著色
各114.6×53.4
2面
款記「信方」(?)・朱文方形紋章印 伝歴:神田乃武男爵→矢代幸雄→東京平山堂 1935年(昭和10)池長孟購入

 両図とも信方?と読める落款とヨーロッパ紋章風の印章が対称的な位置にあることから、対に描かれた作品と考えられます。これと同様の印が捺される同種の作品としては、「日教上人像」(青蓮寺)「達磨図」(養竹院)「婦女弾琴図」(大和文華館)などが挙げられます。この信方という画家については、文献中にも名前が見あたりません。ただ仏教的主題も描いていることから、キリスト教徒として西洋画を学びながら、後に棄教した人物であるとも考えられます。
本図は、他の初期洋風画と同様、16世紀末葉のヨーロッパ美術の潮流であったマニエリスム様式の反映がみられ、類型化の進んだ柔和な顔立ちや、微妙なS字型にくねらせたポーズが優美な雰囲気を漂わせています。しかし本図も含めて信方筆とされる作品は、背景を無地にするなど、東洋的な構成法をとっています。これは、他の初期洋風画には見られない特徴で、この画家の素性や禁教令以降という作画時期を考えるうえで重要な問題を含んでいます。

【名品2019】【南蛮美術】

作品所在地の地図

関連リンク

師父二童子図・西洋二武人図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

老人読書図
老人読書図

伝信方筆

紙本金地著色南蛮人渡来図〈狩野内膳筆/六曲屏風〉
達磨図
達磨図

逸然性融筆、隠元隆琦賛

紙本金地著色泰西王侯図〈/六曲屏風〉
駿州柏原富士図
駿州柏原富士図

司馬江漢筆

ページトップへ