舞楽面 地久 ぶがくめん ちきゅう

その他の画像全5枚中5枚表示

彫刻 / 鎌倉 

鎌倉時代・13~14世紀
木造、彩色
21.8×14.5
1面
銘文:裏書「施入天野宮地久面四内 太秦公・」
重要文化財

地久は、4人ないし6人で舞う高麗楽。平安中期、11世紀頃から日本でも演じられるようになった。天長地久を祝うめでたい曲で、万歳楽(まんざいらく)の答舞(とうぶ)として舞われることが多い。天野社伝来面は3面中2面の銘に「地久面四内」とあってもと4面あったことがわかる。

作品所在地の地図

関連リンク

舞楽面 地久チェックした作品をもとに関連する作品を探す

舞楽面 皇仁庭
行道面 多聞天
舞楽面 貴徳
舞楽面 退宿徳
行道面 持国天
ページトップへ