文化遺産オンライン

老翁面

作品概要

老翁面

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・14世紀

木造、彩色

27.5×18.4

1面

重要文化財

江戸時代の図巻に行道面や舞楽面とともに描かれていて、天野社伝来面とわかる。仮に老翁と呼んでいるが、本来の名称も用途も不明である。額に2本の角をつけていた痕跡があり、鬼面の一種と考えられる。両眼を別材で造る動眼の工作があるのも注意をひく。

老翁面をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天野 / Kamakura / / Mask

関連作品

チェックした関連作品の検索