文化遺産オンライン

追儺面 鬼

ついなめん おに

作品概要

追儺面 鬼

ついなめん おに

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・正和2年(1313)

木造、彩色

26.6×25.1

1面

銘文:裏書「南谷面四内 行誉 正和二年三月廿四日」

重要文化財

江戸時代の図巻に行道面や舞楽面とともに描かれていて、天野社(丹生都比売神社)伝来面とわかる。面裏に「南谷/面四内/行□/正和二年三月廿四日」という墨書銘があり、製作年がわかる。「面四」は父・母・子の鬼の面と、鬼を追い払う役の毘沙門天の面をさす可能性がある。
(2004/04/06_s21,2006/05/09_s32)"

追儺面 鬼をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天野 / Kamakura / 行道 / Important

関連作品

チェックした関連作品の検索