文化遺産オンライン

行道面 夜叉天

ぎょうどうめん やしゃてん

作品概要

行道面 夜叉天

ぎょうどうめん やしゃてん

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・14世紀

木造、彩色

21.8×19

1面

銘文:裏書「奉施入天野社廿八部衆之内夜叉天」

重要文化財

 面裏の墨書銘「奉施入天野社/廿八部衆之内/夜□□□之内」は名称の部分が削られており、仮に夜叉天と呼んでいる。夜叉は八部衆の一として経典にみえるが、二十八部衆中にはこれに類する名称は知られない。まるくとがらせた唇には当初別材を矧いでいた。
ルビ:はちぶしゅう、は

行道面 夜叉天をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天野 / Kamakura / 行道 /

関連作品

チェックした関連作品の検索