假面

その他の画像全3枚中3枚表示

彫刻 / 平安 

平安時代・12世紀
木造、彩色
21.2×14.8
1面

キリ材製、肉の薄いきわめて軽い面である。天冠台(てんかんだい)の上には銅製の宝冠を付けていたのであろう。目を全体に刳りぬき、わずかに開く口を彫(ほ)り透(す)かすのはめずらしい。面裏に「妙蓮」という墨書があるが、この人物については不明。明治13年奈良で購入したもの。(旧解説)

作品所在地の地図

関連リンク

假面チェックした作品をもとに関連する作品を探す

舞楽面 崑崙八仙
菩薩懸仏
舞楽面(二ノ舞・腫面)
十一面観音立像
聖観音立像
ページトップへ