文化遺産オンライン

行道面 功徳天

ぎょうどうめん くどくてん

作品概要

行道面 功徳天

ぎょうどうめん くどくてん

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・14世紀

木造、彩色

25.7×19

1面

銘文:裏書「奉施入天野社廿八部衆之内功徳天」

重要文化財

面裏に「奉施入天野社/功徳天/廿八部衆之内」の墨書銘がある。功徳天(大弁功徳天(だいべんくどくてん))は吉祥天(きちじょうてん)の異名。この面の女性的な容貌はそれにふさわしいものといってよい。頭頂にあらわされていた髻を切り落とした痕跡がある。現状の彩色は粗放なもので、後補か。

行道面 功徳天をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天野 / Kamakura / 行道 /

関連作品

チェックした関連作品の検索