文化遺産オンライン

行道面 持国天

ぎょうどうめん じこくてん

作品概要

行道面 持国天

ぎょうどうめん じこくてん

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・14世紀

木造、彩色

26.9×18.1

1面

銘文:裏書「奉施入天野社廿八部衆之内持国天」

重要文化財

面裏に「奉施入天野社廿八部衆之内/アシ/持国天/赤色」の墨書銘がある。口を開くのも、また肌の色を緑とするのも、鎌倉時代以後に例の多い大仏殿様(だいぶつでんよう)四天王像中の持国天に一致するから、二十八部衆中の持国天であることを信じてよいだろう。
(2004/04/06_s21 or 2006/05/09_s32)

行道面 持国天をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天野 / Kamakura / / 行道

関連作品

チェックした関連作品の検索