文化遺産オンライン

行道面 神母女

ぎょうどうめん じんもにょ

作品概要

行道面 神母女

ぎょうどうめん じんもにょ

彫刻 / 鎌倉

鎌倉時代・14世紀

木造、彩色

26.3×21.5

1面

銘文:裏書「奉施入天野社廿八部衆之内神母女」

重要文化財

二十八部衆の神母天は普通菩薩の相だが、この面は髪を額中央で振り分け切れ長の目の老女である。京都・禅林寺本千手観音二十八部衆画像では同じ老女相の像に「神母女」の尊名を付すので、神母女とする銘記の名称が正しい。なお、彫像では同じ顔の像を摩和羅女と呼ぶことも多い。
(2004/04/06_s21)

行道面 神母女をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

天野 / Kamakura / / 行道

関連作品

チェックした関連作品の検索