木造摩多羅神坐像覚清作 もくぞうまたらしんざぞうかくせいさく

その他の画像全2枚中2枚表示

木像 / 鎌倉 / 中国・四国 

覚清
鎌倉/1329
1躯
重文指定年月日:20130619
国宝指定年月日:
登録年月日:
清水寺
国宝・重要文化財(美術品)

像内銘より嘉暦4年(1329)に仏師南都方法橋覚清が清水寺常行堂の摩多羅大明神として造ったことが知られる。檜材の一木造、素地仕上げ、常行三昧の守護神である摩多羅神像の最古の作例で、大黒天や禅宗伽藍神と近似する像容を示すことも注目される。

関連リンク

木造摩多羅神坐像覚清作チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造千手観音坐像
木造金剛力士立像 康成作/(所在二王門)
木造大日如来坐像
木造徳川家康坐像/木造秀忠坐像 康猶作 (所在御影堂)
木造神像 男神坐像 一/女神坐像 一
ページトップへ