円城寺の木造観音菩薩立像 えんじょうじのもくぞうかんのんぼさつりゅうぞう

木像 / 平安 / 中部 

不明
長野県
平安時代/1185
左手は肘を曲げて胸の高さで蕾の蓮華を持ち、右手は垂れ下げて蓮の花の上(蓮華座)に立つ。現状では髻を欠失し、鼻先、両手肘から先、両足先、金銅製の透かし彫り宝冠、胸飾、光背…
像高 72.35㎝
1躯
長野県松本市内田2573番地
松本市指定
指定年月日:20170329
有形文化財(美術工芸品)

温和でゆったりとした造形感覚に満ち溢れた表現は、平安時代後期の特徴を示すものである。表現の上では、穏やかな感性が徹底していること、浅い彫り口がやや形式化していること、体の動きがおとなしいことなどに注目できる。これらの特色は地方仏としての特性を示すと考えられる。

作品所在地の地図

関連リンク

円城寺の木造観音菩薩立像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

如来立像(伝福岡県出土)
不動明王立像
放光庵の石造地蔵菩薩立像
放光庵の石造地蔵菩薩立像

不明(施主:廣井作次兵衛ほか)

西方寺 木造 十一面観音立像
木造十一面観音立像
ページトップへ