木造観音菩薩立像(伝十一面観音) もくぞうかんのんぼさつりゅうぞう(でんじゅういちめんかんのん)

その他の画像全9枚中9枚表示

木像 / 江戸 / 東北 

佛師寶賢坊(事績未詳)
江戸時代/1606
【形状】
[本体]一重蓮華座上に立ち、髪際で5尺8寸を計る、2面(現状)2目2臂の菩薩立像。両足を開き、正中線を左に傾けて立ち、頭部を正面に向ける[持物]
未敷蓮華[台座及び…
【法量(㎝)】
[本体]総高215.9(7尺1寸2分)[髻頂~台座地付]
像高199.4(6尺5寸8分)はつ髪さい際こう高176.8(5尺8寸3分)頂~顎42.3 面長20.5 面幅16.6 面奥20.8耳張(耳介)18.7 (…
一軀
岩手県指定
指定年月日:20190416
有形文化財(美術工芸品)

関連リンク

  • 地方指定文化財データベース

木造観音菩薩立像(伝十一面観音)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

木造観音菩薩立像(伝虚空蔵菩薩)
木造六臂十一面観音菩薩立像
木造天部形立像(伝毘沙門天)
銅造 阿弥陀如来立像及び観音菩薩立像、聖観音菩薩立像<BR/>(旧名称 鉄造 来迎阿弥陀三尊立像)
木造十一面観音菩薩立像
ページトップへ