裲襠 赤地花菱繋模様金襴 りょうとう  あかじはなびしつなぎもようきんらん

染織 / 室町 

室町時代・15世紀
1領

大内菱風の幸(さいわい)菱をつないだ模様を、金糸で織り出した繻子(しゅす)地の赤地金襴(きんらん)。背裏地にある墨書「散手(さんじゅ)」は舞楽の演目の1つ。龍頭冠をかぶり剣や鉾(ほこ)を持って舞う勇壮な一人舞で唐楽(左方)に属する。

作品所在地の地図

関連リンク

裲襠 赤地花菱繋模様金襴チェックした作品をもとに関連する作品を探す

裲襠 紺地二重蔓牡丹唐草文金襴
舞楽装束 陪臚(裲襠・袍・袴)
裲襠 紅地牡丹唐草模様金襴
舞楽装束 貴徳(裲襠・袍・袴)
舞楽面 貴徳
ページトップへ