文化遺産オンライン

裲襠 赤地花菱繋模様金襴

りょうとう  あかじはなびしつなぎもようきんらん

作品概要

裲襠 赤地花菱繋模様金襴

りょうとう  あかじはなびしつなぎもようきんらん

染織 / 室町

室町時代・15世紀

1領

大内菱風の幸(さいわい)菱をつないだ模様を、金糸で織り出した繻子(しゅす)地の赤地金襴(きんらん)。背裏地にある墨書「散手(さんじゅ)」は舞楽の演目の1つ。龍頭冠をかぶり剣や鉾(ほこ)を持って舞う勇壮な一人舞で唐楽(左方)に属する。

裲襠 赤地花菱繋模様金襴をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

裲襠 / りょうとう / / Bugaku

関連作品

チェックした関連作品の検索