文化遺産オンライン

厚板 金紅片身替詩歌模様

あついた  きんべにかたみがわりしいかもよう

作品概要

厚板 金紅片身替詩歌模様

あついた  きんべにかたみがわりしいかもよう

染織 / 江戸

江戸時代・17世紀

1領

重要文化財

通常、厚板は綾織であるが、繻子(しゅす)地に模様を織り出した特殊な装束。中世的な片身替とし、和漢朗詠集から引用した六つの詩歌を御家(おいえ)流と呼ばれる書体で織り出されたデザインも他に類例をみない。片身を金地とする豪奢な感覚は、元禄期頃の華麗な能装束の傾向。(20081223_h09)

厚板 金紅片身替詩歌模様をもっと見る

東京国立博物館をもっと見る

キーワード

織る / 模様 / / 唐織

関連作品

チェックした関連作品の検索