能面 若紫女(折紙添) のうめん わかむらさき(おりがみそえ)

その他の画像全3枚中3枚表示

彫刻  木像 / 江戸 / 日本  九州  佐賀県 

(折紙)享保18年/(折紙)1733年
木製 彩色
面長21.4cm 面巾13.6cm 面奥6.6cm
1面
佐賀県佐賀市松原2丁目5-22
公益財団法人鍋島報效会

源氏の君がまだあどけない紫上の表情に、慕わしい俤をみいだす。「若紫」はその出会いを記す巻名。その名を持つこの面は、幼さの残る紫上の面差しを写そうとしたものであろうか。面裏右頬には金漆で「天下一人作者 出目法眼若狭大掾入道 従五位下」左頬には「小山氏藤原政長(花押)藤原壽満(花押)」とある。そして面裏中央には「天下 写顔 八面 若紫女」と書かれ、「春日野の若紫の摺衣しのふのみたれかきり知られす」と記される。また、壽満の筆跡による折紙が二種。一種は証文、もう一種は伝来が記されている。

作品所在地の地図

関連リンク

能面 若紫女(折紙添)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

能面 平太
能面 朝倉尉
能面 熊坂
紫檀塗鳥兜に紅葉蒔絵琴柱箱
能面 小面
ページトップへ